2022-05-31

TU.KU.RU

蔵の改装をやり始めた頃の話
ますは、いらないものを出す(大量のブロックと石)
次に、内装の解体(昔の倉庫だから…棚イッパイ)
自分では出来ないところがドンドン見えてくる。
色んな人に相談して沢山の人に迷惑かけて行き詰まる…やりたいことが上手く伝えられない。一人でやる限界。
柳井の凄く感じのいいCAFÉ(モーニングが最高)
店内は随所にこだわりが感じられる。
で、思いきって聞いてみた。
「どこの施工会社でやってもらったんですか?」
TU.KU.RU さんとの出会い。
私の構想を聞いて「面白い!」と言ってくれた
自分で出来るところは自分でやって出来ないところは手伝いますよ」と。
涙でた。
忙しい業者さんの隙間を狙って手配してくれた。
私が施工する部分にもアドバイスをくれた。
品不足で手に入りにくく私が運ぶのが困難な材木も届けてくれた。
道具まで貸してくれた。
私のコロコロ変わる思いつきにも頑固なこだわりにも付き合ってくれた。
本来なら私の手伝いしてる暇など無いほど忙しいのに時間作って見に来てくれた。
普通なら撤退と言う場面もあったが許してくれた。
私のやった壁や作ったものも誉めてくれた。
凄く嬉しかった。
彼じゃなければ「ka-kaんち」はできなかったと思う。
本当に感謝だ。
多分…こんな我儘な施主はもうごめんだと思ってるに違いない(笑)
沢山のありがとう。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。